Bitcoin(ビットコイン)とは?特徴や登録方法、使い方を解説

Bitcoin(ビットコイン)とは?

Bitcoin(ビットコイン)は、サトシ・ナカモト(Satoshi Nakamoto)を名乗る人物によって投稿された論文に基づき、2009年に運用が開始されたインターネット上にのみ存在する通貨です。ビットコインシステムは、Peer to Peer型のコンピューターネットワークにより運営され、トランザクション(一連の送金処理)は仲介者なしでユーザ間で直接に行われます。

P2Pとは、コンピューター同士が直接やり取りをする方式で、ビットコインには銀行など間に入る組織がないのも特徴です。この、Bitcoin(ビットコイン)の一連の処理はネットワークに参加しているノードによって検証され、ブロックチェーンと呼ばれる公開分散元帳に記録されます。通貨の単位は、Bitcoin(ビットコイン)で、最初の仮想通貨とも言われますが、本来はリップルやDigiCashが先行していました。

Bitcoin(ビットコイン)が選ばれる理由

手数料が安い

迅速かつ安全にやり取りを行うことができるのも、Bitcoin(ビットコイン)の特徴で売買はほんの数秒で完了します。また手数料が非常に安いのも特徴で、オンラインカジノなどでも良く使用されています。

送金が早い

着金を含めても非常にスピーディーなのもBitcoin(ビットコイン)の特徴で、コロナ禍のイタリアでイタリア赤十字はコロナ支援金をいち早くビットコインで募集しました。まさに、どこの国でも統一の仮想通貨Bitcoin(ビットコイン)という通貨で瞬時に送金が可能なのです。Bitcoin(ビットコイン)を登録・購入するには、まず仮想通貨販売所に登録します。これは、銀行で口座を作ったり、株式をする時に証券会社に登録するのと同じです。

よく、Bitcoin(ビットコイン)には間に入る組織がないと言われますが、実際には仮想通貨取引所が関与しています。手数料や売買システムは会社によって違い、商売を目的とする以上、完全にクリーンなシステムなど実現し得ないからです。しかし、ブロックチェンに登録されたBitcoin(ビットコイン)の売買データは誰にも書き換えたり操作することができないのは事実で、本来はこちらのことを差しているのかもしれません。

日本でも際限なく使える

日本で有名なBitcoin(ビットコイン)販売所は、ビットフライヤーやコインチェックがあります。Bitcoin(ビットコイン)の購入方法は、自分の銀行口座から販売所の口座に振り込めば自動的にウォレット(Bitcoin(ビットコイン)などを預けるお財布のようなもの)に入金されます。時間は2から3時間くらいで、会社によっても違うと思います。

この操作はスマートフォンやパソコンで簡単にできるので、オンラインカジノなどをスマートフォンで遊ぶ時にも便利です。Bitcoin(ビットコイン)は、日本円でその時点の相場で購入価格が決定し、現在は1Bitcoin(ビットコイン)が125万円前後です。例えば、1万円分のBitcoin(ビットコイン)を購入するとしたら、約0.01Bitcoin(ビットコイン)を購入することができます。10万円分なら、約0.1Bitcoin(ビットコイン)です。

Bitcoin(ビットコイン)を使用する際に注意すること

対応しているカジノが少ない

Bitcoin(ビットコイン)は、都内の屋台などの飲食店でも使用でき、対応している店舗もあります。使い方は、ここでは店舗や屋台にあるバーコードを読み取ると、スマートフォンにお店のビットコインアドレスが表示されます。ここに、Bitcoin(ビットコイン)の出金数量を入力すればOKです。定食なら、0.0001Bitcoin(ビットコイン)くらいで約千円になります。もちろん、相場は24時間365日変動しているので、Bitcoin(ビットコイン)が暴落した時に購入すれば少し安く購入することができます。

価格変動

価格が小さいから、価格の変動も少ないから成り立つ商売とも言えます。一日で10%くらい値下がりすることも頻繁にありますから、たくさんのBitcoin(ビットコイン)を持っている人は注意が必要です。

セキュリティ面

しかし、1Bitcoin(ビットコイン)以上を保有している人達はだいたい長期で保有すると考えています。なぜなら、これからますますBitcoin(ビットコイン)の利用価値が高まり高騰されると噂されているからです。ですから、そのようなBitcoin(ビットコイン)をオンラインカジノなどで使用して負けると少しもったいないですが、反対に勝てばより多くのBitcoin(ビットコイン)を買う事もできるので将来への投資にもなります。株式でそのようなことは絶対にできませんから、いかにこの通貨が画期的かが分かるでしょう。

取引所の開設

Bitcoin(ビットコイン)は日本では、NTTデータなどの企業が中心になって研究が進められています。AIの分野と並んで今後ますます活用が期待される分野です。この記事や、各ホームページを参考に、まずはBitcoin(ビットコイン)を購入してみることをおすすめします。