STICPAY(スティックペイ)とは?特徴や登録方法、使い方を解説

STICPAY(スティックペイ)とは?

STICPAY(スティックペイ)は、2017年にサービスを開始した比較的新しいオンライン送金サービスです。電子マネーにチャージするようにSTICPAY(スティックペイ)に入金しておくことで、実際のお金のようにFX取引、ショッピング、引き出しなどが可能です。
また、オンラインカジノの決済方法として利用することも可能で、近年はecoPayz(エコペイズ)からSTICPAY(スティックペイ)に切り替える方も増加しています。

STICPAY(スティックペイ)が選ばれる理由

ATM出金から出金できる

STICPAY(スティックペイ)が多くの方から選ばれている理由のひとつが、SticPayカードの存在です。SticPayカードは、Mastercard HKにて発行され香港金融当局の規制を受けた「正式」なデビットカードであるため、ATMからの出金ができます。ecoPayz(エコペイズ)やiWallet(アイウォレット)でも、以前はデビットカードを発行することができましたが、エコペイズでは廃止され、アイウォレットでは利用停止となりました。

そのため、STICPAY(スティックペイ)はオンラインカジノの決済方法の中で、唯一ATMからの出金が可能な電子決済サービスとして注目を集めています。なお、SticPayカードは、STICPAY(スティックペイ)の残高が50ドル以上になった段階で発行することが可能です。

クレジットカードでSticPayに入金できる

SticPayカードの存在に加えて、クレジットカードでSticPayに入金できるのも、多くの方がSTICPAY(スティックペイ)を支持する理由です。エコペイズはクレジットカードで入金できないため、エコペイズを利用する方はクレジットカード以外の方法で入金する必要があります。しかし、STICPAY(スティックペイ)はクレジットカードで直接入金できるため、クレジットカードを持っている方にとっては利便性の高いオンライン送金サービスとなっています。

国内銀行に出金できる

STICPAY(スティックペイ)は、SticPayカードを利用したATM出金だけでなく、国内銀行口座への出金もできます。しかも、国内銀行口座への出金は、STICPAY(スティックペイ)の国内銀行口座から行われるため、海外からの送金に比べて手数料が安いことに加えて、スピーディーに出金することが可能です。安い手数料でスピーディーに銀行口座に出金できるのは、STICPAY(スティックペイ)を利用する上で大きなメリットとなるでしょう。

仮想通貨が使用できる

クレジットカードで直接入金できる以外にも、仮想通貨での入出金に対応しているのもSTICPAY(スティックペイ)の魅力のひとつです。STICPAY(スティックペイ)で利用できる仮想通貨は、ビットコイン、ライトコイン、イーサリアム、テザーの4種類となっています。現在、仮想通貨での入出金に対応したオンラインカジノは増加傾向にありますが、仮想通貨で直接入出金できないオンラインカジノであっても、STICPAY(スティックペイ)を経由させれば仮想通貨を使ってオンラインカジノを遊ぶことが可能です。

STICPAY(スティックペイ)を使用する際に注意すること

手数料

STICPAY(スティックペイ)を利用するにあたって注意すべきなのが、手数料の存在です。STICPAY(スティックペイ)へ入出金する場合、それぞれ入金手数料と出金手数料が発生することを念頭に置いて利用する必要があります。
入金手数料は、クレジットカード入金では3.85%、銀行入金と仮想通貨入金では1%となっています。一方の出金手数料は、国内銀行送金で800円+1.5%、海外銀行送金で5%、仮想通貨で1%、SticPayカード(ATM出金)で1.3%です。

また、STICPAY(スティックペイ)からオンラインカジノへの手数料は、基本的に無料であることが多いものの、STICPAY(スティックペイ)とカジノ側で通貨が異なる場合は為替手数料が発生します。そのため、STICPAY(スティックペイ)とカジノ側の通貨は同じにしておくことをおすすめします。

対応オンラインカジノが少ない

対応しているオンラインカジノが少ないのも、STICPAY(スティックペイ)を利用する際に注意すべき点です。STICPAY(スティックペイ)は、2017年に登場した新しいサービスなので、STICPAY(スティックペイ)を利用できるのはエルドアカジノやビットカジノなど一部のオンラインカジノに留まっています。しかし、STICPAY(スティックペイ)の利用者数は年々増加しているため、今後は数多くのオンラインカジノがSTICPAY(スティックペイ)に対応していくことが予想されます。

本人確認

STICPAY(スティックペイ)では、本人確認をしておかないと全てのサービスを利用することはできません。STICPAY(スティックペイ)に登録した段階でも一部のサービスは利用できますが、クレジットカードでの入金などのサービスを利用するためには本人確認を済ませる必要があります。

本人確認に必要となるのは、免許証・パスポート・マイナンバー(住基)カードといった身分証明書と、公共料金の領収書・住民票・クレジットカードの明細書・健康保険証などの居住証明書で、それぞれ1つずつ提出する必要があります。しかし、本人確認書類の提出はそれほど面倒な手続きではないため、STICPAY(スティックペイ)に登録したら、そのまま本人確認も済ませてしまうことをおすすめします。

情報が少ない

上記の通り、STICPAY(スティックペイ)は2017年に登場した最新の決済サービスなので、ネット上の情報が少ないというデメリットがあります。他のエコペイズやアイウォレットなどの他の電子決済サービスを利用したことがある方なら、特に戸惑うことなくSTICPAY(スティックペイ)も使えるかと思いますが、初めて利用する電子決済サービスがSTICPAY(スティックペイ)という方は、スムーズに使えるようになるまで時間がかかる可能性があります。そのため、電子決済サービスを利用したことがない方は、情報量が多いエコペイズやアイウォレットの方が使いやすいかもしれません。

JCBカードは使えない

STICPAY(スティックペイ)は、クレジットカードでの入金が可能な電子決済サービスですが、全てのクレジットカードで入金できるわけではありません。クレジットカードの3大国際ブランドと言えば、VISA・mastercard・JCBの3社ですが、STICPAY(スティックペイ)に対応したクレジットカードは、VISAとmastercardのみとなっており、日本ブランドのJCBカードは入金できないため注意が必要です。