iWallet(アイウォレット)とは?特徴や登録方法、使い方を解説

iWallet(アイウォレット)とは?

アイウォレットは、イギリスで始まった電子決済サービスで日本でも利用が可能です。ヨーロッパを中心に広まり、オンラインカジノやショッピングそして仕事で利用する方がいるのが特徴になります。アイウォレットは利用する口座開設が簡単に出来るのが利用する人が増えている理由の一つです。世界で主に取り扱いしている7種類程度の通貨を取引に使用する事が可能であり、口座のセキュリティがしっかりしているのが人気の理由です。

iWallet(アイウォレット)が選ばれる理由

本人確認書類なし

iWallet(アイウォレット)を利用する場合には、登録が必要ですが、本人確認書類なしで利用を開始することが出来ます。通常は、口座開設には手数料が必要ですが、iWallet(アイウォレット)では、口座開設0円で行うことが可能です。香港政府が発行しているライセンスMSOを取得しているため、安全な運営を体制が整っています。インターネットを利用しているため、環境が整っていれば、場所を選ばずに気軽に利用することが可能です。

完全日本語サポート

オンラインカジノ電子決済サービスは、基本的には英語のみの対応となっていますが、iWallet(アイウォレット)は、日本語でのサポートをしているため、英語が不自由な人でも利用することが出来るというメリットがあります。メールでのお問い合わせでも日本語でお問い合わせが可能となっておりますが、お問い合わせに対する回答は、翌営業日になります。このサービスが選ばれて多くの日本人プレーヤーが利用しやすい環境です。

様々な通貨に対応

世界各国12通過に対応しており、もちろん、JPYとUSDに対応してますが、THBやGBPにも対応しています。GBPの通貨に対応しているため、イギリス人の利用も多くなっており、アメリカ人や日本人だけではなく、イギリス人も使いやすい環境が整っています。12通過に対応しているため、日本に住んでいても、12カ国のオンラインカジノを楽しむことが出来るサービスを提供しているのでしょう。

NEWプリペイドカード

iWallet(アイウォレット)は、2018年に旧式のプリペイドカードを中止し、新しいプリペイドカードの準備を進めていたiWallet(アイウォレット)がニュープリペイドカードを発表しました。中国銀聯が発行しているユニオンペイです。ユニオンペイは予めに予算を設定することにより、銀行から引き出したり、ショッピングをすることが可能な新しいプリペイドカードです。しかし、ユニオンペイを利用するためには、本人確認が必要不可欠であり、アカウントを作成することが必要になります。

iWallet(アイウォレット)を使用する際に注意すること

手数料

iWallet(アイウォレット)は、非常に便利なサービスですが利用する際には注意が必要です。iWallet(アイウォレット)は12カ国の通貨が利用できますが、手数料が発生します。アイウォレットに入金する場合には、入金額の5パーセントが必要となるため、入金額が大きくなると手数料も増えます。iWallet(アイウォレット)に入金された通貨を引き出す場合にも手数料が必要となり、銀行への振り込みには、0.50パーセントが必要となりますが、最低でも35ドルが必要です。プリペイドカードへのチャージには、1.75パーセントが必要ですが、最低でも5ドルが必要です。

アップグレード

iWallet(アイウォレット)はアップグレードすることによって、手数料を安くしたり出金限度額を上げることが出来るというメリットがあります。アップグレードをするためには本人確認をすることが必要となりますが、本人確認には、運転免許証の他、パスポートやマイナンバーカードが必要です。住所の確認も必要ですが、本人確認に使用した書類は不可能となっており、公共利用金の支払い明細書や住民票が必要jとなります。しかし、運転免許証は有効期限が3ヶ月以上残っていることが必須条件です。

アイウォレットへの入出金方法

iWallet(アイウォレット)へ入出金する場合には、様々の方法があります。iWallet(アイウォレット)に入金する、iWallet(アイウォレット)からオンラインカジノへ入金する、iWallet(アイウォレット)から銀行口座へ出金する方法があります。全ての作業をインターネットを利用して行うことが可能なため、自宅のパソコンのみではなくて、外出先などでスマートフォンからも行うことが可能です。

本人確認書類の提出

iWallet(アイウォレット)で本人確認をする場合に必要となる書類で最も一般的なのは、運転免許証でしょう。
ですが、運転免許証を本人確認として使う場合には、顔写真が汚れていたり、有効期限切れの場合には、運転免許証による本人確認が出来ません。iWallet(アイウォレット)は複数の方法で本人確認が出来るため、万が一、運転免許証が使えない場合には、他の方法を選択しましょう。

管理費

iWallet(アイウォレット)は非常に便利なサービスですが、最大のデメリットが使わなくなった場合です。通常の電子決済サービスなら使わなくても問題ありませんが、iWallet(アイウォレット)は、90日以上取引実績がない場合には、口座を凍結させられます。更に、180日以上取引実績がない場合には、休眠口座管理費として毎月20ドルが自動的に引かれます。

そのため、期限内にiWallet(アイウォレット)からお金を動かすことで避けることが可能ですが、iWallet(アイウォレット)を利用するためには、手数料が必要なことを忘れてはいけません。そのため、iWallet(アイウォレット)で無意味にお金を動かしても手数料が必要になるため、万が一、使わない場合には、アカウントの消去をすることが望ましいでしょう。